スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

コカコーラ

老化を早める危ない食材

更新日2014.3.10a:841 t:2 y:2

コカコーラ     危険度★☆☆☆☆

【同類】ペプシコーラ、キリンメッツコーラー他コーラ飲料

知識

コーラの発がん性

2013年3月アメリカ、カルフォルニア州法でカラメル色素に含まれる4-メチルイミダゾールの摂取上限値が28μg/dayとして発がん性リストに追加収録されました。

コーラには335ml缶に100μg超の含有量が認められており、リスク回避のためコカコーラとペプシは製造法の変更を行ったといわれています。
コーラ飲料のメーカーは発がん性を否定していますがWHO(世界保健機構)の研究でも発がんのリスクがあると発表されています。

その他コーラに含まれる糖分の多さは周知のことですが、カロリーゼロと銘打って販売されているものも十分調べたほうが良いでしょう。

コーラの発がん性には否定的な意見も多くみられますが、企業秘密のため製造レシピがはっきり公表されないので、どちらともいえないグレーゾーンがあります。

つまり、使用原料のはっきりしない食品は避けたほうが無難だというのがBONGAマスターの正直な意見です。

なぜならこれは現在のあなただけの問題ではなく人類の未来に関わる問題だと思うからです。

老化促進食品

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional