スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

クミン

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新2014.4.15a:2479 t:2 y:4

クミン

【英名】Cumin
【和名】馬芹(ばきん、まきん、うまぜり)
【学名】Cuminum cyminum L.
【別名】Jeera・ジーラ(インド)、イェラー(タイ)、ジンテン(インドネシア)、ジンテンプチ(マレーシア)、ブラックキャラウェイ(欧米)、Ziran・孜然(中国)

知識

カレーの代表的な香りです

原産地は地中海沿岸、エジプトで主な産地はインド、
ウクライナ、モロッコ、イランなどです。
イランが最大の輸出国です。

セリ科の一年生草本で晩春に淡紅色または白色の小さな花をつけます。

同じセリ科のアニスと同様、最も古くから栽培されてきたスパイスで紀元前16世紀に書かれた医学書「エーベルス・パピルス」にも書かれている。

スパイスとしては種子を使うが、形も使い方もキャラウェイに良く似ており、しばしば混同されます。形はクミンシードのほうが細長く、何よりクミン特有の強い芳香で区別できます。
香りの主成分はクミンアルデヒドです。

インドにはブラッククミンという種類があり、繊細な香りで価格も高い。

料理

クミンパウダー

カレーの特徴的な香味でカレー粉チリパウダーの主原料です。

テクス・メクス料理のチリコカーンやクスクスの他、トルコ料理、ポーランド料理、レバノン料理、モロッコ料理、スペイン料理、メキシコ料理、中国・満州料理など多くの国の料理に使われています。

ケーキパンの風味付けの他ピクルスチャツネ、ソーセージ、チーズ、ひき肉料理のアクセントとして使用されます。
クリック
精油はリキュールの香り付けに使われているので、果実酒やフルーツケーキにクミンの風味を加えると面白いでしょう。

クミンは単独ではなく、数種類のスパイスとブレンドして使用することでいっそう効果が現れる。

またシードはスタータースパイスとしてもよく使用されます。

OPEN・ざ・キッチン

クミンバターの作り方
野菜料理やチーズのソースに使われます。

バター(有塩)250gを柔らかくなるよう温め、クミンパウダー小さじ3を加え良くかき混ぜます。
容器に入れ冷蔵庫で冷やしたら出来上がりです。

ソティオニオンの作り方☚クリック
 玉ねぎを炒めて作るカレーのベースです。

薬理

クミンの花

古代から薬用植物として利用されてきました。
インド医学では興奮剤駆風薬健胃薬として、またミイラの防腐剤としても使用されてきました。

軽い消化不良や食欲増進、腹痛、下痢、腹部膨満、発熱、風邪に効能があります。

成分はクミナール。

エピソード

戦争に行く恋人にクミンシードを身につけさせたり、結婚式のとき相手のポケットにしのばせたら恋人の心変わりを防ぐと言われました。
(古代ローマ)

栽培

クミンの育て方☚クリック

すぱいすマーケット

全国どこでも何個でも送料100円DM便にてお届けします

☟お買い求めは   をクリック

クミン・パウダー
クミン・シード

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional