スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

パンプキンシード

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2014.10.23a:1118 t:1 y:1

パンプキンシード 、かぼちゃの種 

【英名】パンプキンシード(Pumpkin seed)
【日本】南瓜の種
【中国】南瓜子、白瓜子

知識

画像の説明

ウリ科の1年生草本で原産地はアメリカ。野菜として世界各国で栽培されています。
スパイスとして利用するのは種子で、34%の不揮発性の脂肪油と27%のタンパク質が含まれ栄養価が高く、日本で出回っているのはほとんど中国の輸入品です。

カボチャのなかでもペポカボチャ(薬用カボチャ)と呼ばれる品種の種子が特に薬効が強いとされています。

種子そのものにはほとんど香りがありませんが、煎ったりして熱を加えると、脂肪油が揮発性芳香成分に変化し、香ばしさが出てきます。

料理

中国では大粒の種子を乾燥させ、塩炒りするか味付けするかして、酒のつまみなどの食用にしています。

パンプキンシードの作り方
①カボチャの種子をネットなどに入れてもみ洗いし、周りのわたをきれいに取り外します。
②①の種子をザルの上に広げ、天日で3~4日干しておきます。
③乾いた種子の周りの薄皮を外し、片面にはさみなどで切れ目を入れ、種子の中身を取り出します。
④取り出した種子の中身は、炒めたり、焼いたりし、塩などで味付けし、1日5~10gを目安に摂取します。

薬理

画像の説明

亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルのほか、ビタミンA1、B1、B2、C、E、カロテン、リノール酸、タンパク質の他、オメガ3脂肪酸が50%含まれています。

抗酸化作用や抗炎症作用があることが確認され、貧血、低血圧、コレステロール値や中性脂肪の低下によるダイエット効果、強壮作用、疲労回復、アンチエイジング、視力の回復、更年期障害、インポテンツ等の症状改善のほか、失禁、頻尿の改善にも効果があることが臨床実験で確認されています。

漢方では南瓜仁(ナンカニン)と呼ばれ、低血圧の改善や回虫駆除に使用されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional