スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

サフラワー

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2013.7.13a:1145 t:1 y:2

サフラワー

【和漢名】べにばな/紅花
【英語】Safflower/サフラワー
【学名】Carthamus tinctorius L.

知識

サフラワーの花

キク科の一年草
原産地は西南アジア、エチオピアといわれているが、古くから栽培されているので原産地の特定は難しい。

主な産地はイラン、パキスタン、インドのほか中国や北アフリカ、北アメリカ、オーストラリア。日本では山形県で栽培される。

しばしばサフランのまがい物として取り扱われることがあるが、サフランとは別の特性を持っている。色はサフランよりも鋭く、オレンジ色に近い。

サフラワー

花は着色料や染料として、種子は挽いてスパイスとして使用したり、食用油の原料として、若芽は食用として利用されている。

芳香は強くないが種子には25~30%の不揮発性油が含まれ、その油分には特にリノール酸が多く含まれ、
サラダ油の原料として広く栽培されている。

リノール酸はマーガリンやショートニングの原料として加工される。

種子

花は鮮やかな橙赤色で、サフロール黄とカルタミンといった食用色素として使用されている。

日本ではサフラワー色素を酸化させて作られる赤色色素を紅(ベニ)として化粧品に使っている。

栽培は春に種子をまくと7月に花が咲く。日当たりがよく水はけのよい土壌を好み、酸性土壌は合わない。乾燥した気候で育つので、水やりには注意が必要。

*気になったら  クリック

料理

主に料理に色をつけるために使用されるが、香りや味はない。

価格が安いので、サフランの代用品として使用されている。サフランより苦みが強い。

紅花油

サフラワーからとれる油はコレステロールが低いので低コレステロールの食事療法を行っている人には最適なオイル

種子はローストすると香ばしい香りがしそのまま食用として食べる。
東南アジアでは油で揚げた種子をチャツネの材料として使用する。

若葉や茎は醤油で煮つけて食用とする。

薬理

花びらを浸出して作ったお茶は便通を良くし、発汗を促し、熱を下げるといわれている。

また冠動脈性心疾患更年期障害生理不順に良いといわれているが、妊娠中の女性は摂取は禁止されている。

黄疸やはしかの症状緩和ににも効果がある。

花から作った湿布薬は皮膚の炎症を抑え、打撲やねんざの症状緩和のほか関節の腫れや痛みを和らげる。

エピソード

エジプトではミイラをサフラワーで染めた布でくるんでいたといわれる。
日本では1500年前の藤の木古墳の石柩からサフラワーの花びらが発見されている。

すぱいすマーケット

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional