スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

アジョワン

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2014.10.28a:3430 t:2 y:1

アジョワン

【英名】Ajwain
【インド名】カロム、ロヴァージュ
【学名】Trachyspermum ammi
【別名】ワイルドセロリシード、ビショップシード、カロムシード

知識

アジョワンの花

せり科の1年生草本でビショップスウィード、
カロムスウィードとも呼ばれる。

種子を大型にした改良品種と小型種子タイプの
2種類がある。
大型種子はカレーパウダーや胃腸薬の原料に、
小型種子はセロリシードの増量剤として使用される。

北アフリカ、北アジア、インドが原産地で、
主産地はインドのベンガル州、エジプト、シリア、
アフガニスタン、セイシェルズ諸島、西インド諸島、ペルシャなど。

種子はタイムに似た爽やかな芳香で、いくぶん刺激的である。
香りの主成分はチモールで精油の40~50%。

栽培は種子をまいて行なうが、春に蒔くと秋には種子が収穫できる。

料理

アジョワンシード

タイムに似たこうばしい風味は食欲を増進させます。

カレーパウダーの材料の一つで、タイムクミンセロリシードの代わりに料理に用いる。この時量は控えめに。

油と相性が良く里芋の料理や魚料理、消化の悪い豆料理に使われる他、リキュールの香味づけやピクルス、ミートソース、ドレッシング、ソース類の香りづけにも使われます。

そのほかパンやクッキーの生地に混ぜたりします。インドのパラサというパンに入れます。

シードは火を通して使用、パウダーは味が濃いので分量は控えめに。
料理の仕上がりが微妙に変化するので試してみるとおもしろい。


画像の説明
画像の説明

薬理

精油に含まれるチモールは防腐、殺菌効果が強く、消化器系、呼吸器系の疾病に強い効果を示す。
アジョワン水として胃腸薬や十二指腸虫の駆除剤として使用される他
消化不良やお腹の張り、下痢などの腸疾病によく効く。
腸内ガスの発生を抑え、便秘にも効果がある。

シードを小さじ1/2ほどコップ1杯の水で飲むと二日酔いに良い。

マウスウォッシュや歯磨きとしても使用される。

チュアンの作り方
消化促進作用があり、カレー料理の後に食べると良いでしょう。

材料(作りやすい量)
フェンネルラクナビ・・・50g
クミンシード・・・25g
アジョワンシード・・・25g
岩塩・・・小さじ1/2

作り方
①岩塩以外のスパイスをフライパンに入れ4~5分、焦がさないようにローストします。

②①をミキサーに入れ粗挽きします。

③②に岩塩を加え、よくかき混ぜます。
 食後に小さじ1ほど水と一緒に飲みます。

栽培・採取

種を蒔いて約3カ月後に種子(果実)が実ります。茎ごと収穫して天日で乾燥させた後、叩いて茎から種子を落とし、ふるいにかけます。

すぱいすマーケット   ↓お買い物はクリック

全国どこでも何個でも送料100円 郵便、ヤマトDM便にてお届けします
代金引換ご希望の方はクリック


アジョワン・シード
フェンネルラクナビ・シード
クミン・シード

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional