スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

カシア

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日 2012.10.31a:1528 t:2 y:1

カシア、QUASSIA

【英名】カシアQUASSIA、
【和名】ニガキ
【別名】ビター・アッシュ、ジャマイカン・カシア、トウニッケイ

知識

カシアの花

クスノキ科の樹皮を乾燥させたもので、シナモン
類似種。
アッサム地方とミャンマー北部が原産地である。
産地は中国、ベトナム、インドネシア、ミャンマーおよび中央アメリカ。

カシアの意味は木の幹と樹皮からとれる苦味のある
液体という意味。

シナモンに比べたら香りは強いが、味は繊細さに欠ける。

樹皮は中国シナモンとして販売されている。

ジャマニーズ・カシアやスリナム・カシアは類十種。

乾燥させた樹皮は粉末にして浸出させて着色料として利用したり、
小枝や花は蒸留して精油をとる。
また花の蕾は収穫したあと乾燥させ食品の風味づけに用いる。
形状はクローブに似ている。

料理

あらゆる料理に使われるが、ウーシャンフェン(五香粉)の材料の一つで
中華料理には欠かせない。

炒めものやソース、カレー、ビリヤーニのほかお菓子のフレーバーにも使用される。

ビールのホップの代用品として使われたこともある。

チップを水に入れ一晩置いておくと、ビターズという苦い飲み物ができる。

薬理

カシア

弱った胃の回復には少量を使用。その他リューマチや発熱、消化不良、下痢、吐き気、
お腹の張りに効能がある。

抽出液をシャンプーと使用するとフケを取り除き、
内服すると回虫の駆除にも役立つ。

口腔カジンタ症にの改善に有効である。
(2012年度日本香辛料研究)

トウニッケイオイルの85%はシナマルデヒドという成分で医薬品や食品、
化粧品の製造に使用される。

カシア・ティー
冷水にカシアのチップを入れ、2時間ほど置いて濾して飲みます。
消化不良や食欲増進に効果があります。
頭髪に振りかけると虱の駆除ができます。

エピソード

最も古いスパイスの一つで、紀元前2700年の中国の植物誌にも登場している。
また聖書にもモーゼと神との会見の場所を清めるスパイスとして記載されている。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional