スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

スイートバイオレット

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2014.3.19a:1327 t:1 y:1

スイートバイオレット

【英名】Sweet Violet
【和名】ニオイスミレ
【中国名】香菫
【別名】スウィートバイオレット/ビオラ
【学名】Viola odorata L.

知識

画像の説明

ヨーロッパから西アジアが原産地のスミレ科の多年生草本で、フランス、イタリア、北アメリカで栽培されています。

スイートバイオレットは日本原産のスミレと良く似ていますが、花にきゅうりに良く似た芳香があるのが特徴です。
この芳香成分を抽出した精油は香水の原料となるため、フランス南部地方では2千年以上も前から栽培されており、エッセンシャルオイル(精油)エキス(エキストラクト)、オレオレンジなどを抽出してきました。
*詳しくは  クリック

花や若葉をスパイスや料理の素材、着色料として使用しますが、根はアルカロイドが含まれ有毒のため食用には使用できません。

ドライフラワーをポプリとして利用します。

スミレには種類が多く、園芸品種として改良されています。

古くギリシャ、ローマ時代から人々に親しまれ、ギリシャ神話にも登場します。永遠の愛のシンボルとされており、デザインとしても使用されています。

料理

画像の説明

花や若葉は生のままでサラダに使ったり、砂糖漬けとしてケーキやプディングの飾りやエディブルフラワーに。
その他、果実酒に漬けて香りや形を楽しみます。

また乾燥してハーブティとして利用されます。

*詳しくは  クリック

薬理

画像の説明

鎮静作用や神経疲労を鎮める作用があり、花で作ったリキュールを寝る前に飲むと不眠を治すと言われています。

イギリスでは花の砂糖漬けを下剤や利尿の薬として用いました。

花をお茶に混ぜて飲んだり、花の抽出液を薄めてうがい薬として使用すると、咳や喉の痛みを抑え、気管支炎、口内炎、去痰などに効能があります。

栽培

栽培は比較的簡単で、耐寒性があり、丈夫です。やや湿気のある半日陰で、石灰質の土壌を好みます。

種子からも株分けからも栽培はできます。種蒔きは9月頃、株分けは春先に行うとよいでしょう。

ランナー(葡匐茎)で増えるので取り木で容易に増やすことができます。

*詳しくは  クリック

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional