スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

ボリジ

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2014.10.27a:1062 t:3 y:0

ボリジ or ルリジサ 

【英名】ボリジ(Borage)
【和名】ルリジサ(瑠璃苣)ルリチサ
【別名】ボラジ、スターフラワー、ビーブレッド
【学名】Borago officinalis

知識

画像の説明

ムラサキ科の1年生草本で地中海沿岸から西アジア一帯が原産地とされ、ヨーロッパやアメリカで主に栽培されています。

青い星型の小さな花を咲かせ、土壌の酸性度によってブルーからピンク、白、薄ピンクに花の色が変化します。茎や葉は硬めの毛に覆われています。

青い花は気品のある青色をしており、聖母マリアの絵を描く時の衣の色の見本にしたことから、マドンナ・ブルーと呼ばれました。

ボリジは古くから勇気のシンボルで、幸福と安楽をもたらし、憂鬱を取り除く力があると信じられていました。

花言葉は「勇気」「鈍感」

料理

若葉はキュウリに似た芳香があり、生を刻んで、サラダやヨーグルト、チーズに加えて利用されます。また茹でて料理に使ったりもします。

花や葉は砂糖漬けにして、スイーツの飾りに使われます。

花はスープやサラダの付け合わせの他、フリッターや茹でるかフライにして食されます。

根や花、葉はワインの香りや色付けに、葉や花はフレッシュまたは乾燥してハーブティとして飲まれています。
白ワインに青い花を浮かべると、ピンクの花の色に変わります。

薬理

画像の説明

ヨーロッパでは民間薬として利用されています。花や葉の砂糖漬けは病後の回復に、ハーブティは発汗作用があり、風邪やインフルエンザ、咳の治療薬として使われています。

その他、強壮作用や抗炎症作用があり、心臓の鎮静剤、腫瘍を消滅させ副腎を強化し血液浄化、利尿の効能があると云われています。

花に含まれるポタニウムと云う成分は、憂鬱を取り除く作用があることが最近の研究で明らかにされています。

種子から抽出される精油(ボリジオイル、ボラージオイル)はキャリアオイルやサプリメントとして利用されています。

成分はタンニン、ビタミンC、カルシウム、カリウムで、種子にはγリノール酸、リノレン酸が含まれています。

注意 肝害性のあるピロリジジンアルカノイドが含まれているので、妊娠中、授乳期の女性及び、摂り過ぎや長期の使用は避けましょう。

栽培・採取

画像の説明

寒さには強く、肥えた保水力のある土壌でよく育ちますが、夏の高温、乾燥には弱いので注意が必要です。

春に種を播けば、初夏には開花します。開花が始まると1ヶ月以上次々に花が咲きます。花は1日花で咲いたところを摘み取ります。

庭に根付けば、毎年こぼれ種から発芽して花が咲きます。

トマトやイチゴのそばに植えておくと害虫を防ぎます。またコンポスト(堆肥)としてもミネラルを土に供給する上質の肥料になります。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional