スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

グレインズ・オブ・パラダイス

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日2014.2.21a:2493 t:4 y:4

グレインズ・オブ・パラダイス、メルグエッパ

【英名】GRAINS OF PARADAISE
【別名】メレゲータ・ペッパー/ギニア・グレインズ
    アリゲーター・ペッパー/メルグエッパ
【学名】Aframomum melegueta

知識

画像の説明

西アフリカ原産のショウガ科の多年生草本でギニアの西海岸地方や西インドで栽培されています。

ギニアショウガの種子を乾燥させたもの。
胡椒のような辛味とカルダモンのような香りが特徴。
カプサイシンと似た辛味成分構造を持っているが、刺激はカプサイシンの100分の1~1000分の1しかありません。

13世紀には原産地の西アフリカからヨーロッパに伝えられ、ギニア湾の黄金海岸や胡椒海岸、ナイジェリアから盛んに輸出され、16世紀のイギリス女王エリザベス1世は特に愛好したと云われています。

料理

古代ローマや中世ヨーロッパではコショウのかわりに使われました。
アフリカやカリブ料理に広く使われています。
辛く、風味と香りが強いのでブラックペッパーを使う料理に合います。

コーラナッツと呼ばれる果実と一緒に食べられている他、料理に使われています。

ワイン、ビール、ウイスキー、リキュールなどのアルコール飲料や酢、ビネガーに香りづけとして利用されます。

中世ヨーロッパではワインにジンジャーシナモングレインズ・オブ・パラダイスを漬け込んだピポクラスという滋養ドリンクが好まれていました。

薬理

種子には0・75%の精油が含まれ、主成分はパラドル・オイゲノールだが、ペッパーの辛味成分は含まれていません。

西アフリカでは種子を内服して、生理痛母乳の出を良くするために使われてきました。
根は煮出して不妊治療性欲促進剤として使われているが、科学的裏付けはありません。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional