スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

スターアニス

更新日2013.3.9a:6043 t:1 y:0

BASEショップ

スターアニス

Star anise(英名)
八角、大茴香(和漢名)
Illicium verum Hooker(学名)

知識

画像の説明

原産地は
中国南西地方(江西省)
主産地は

中国、ベトナム、インド、インドネシア

モクレン科の常緑樹で成育6年後から実をつけ始め、
100年以上実をつける。

スターアニスパウダー

香りの主成分のアネトールを含み、
アニスフェンネル
同じ甘い芳香に特徴がある。

この芳香成分は各袋果の果皮に含まれ、
袋果中にある種子には含まれていいない。

精油は石鹸香水に使われ、ホールはその形の美しさからポプリや装飾品に使用されている。

栽培は種子を苗床に播き、翌年若木を移植する。
高さは6~10mになり、実を付けるのに6年も
かかるが、その後100年は収穫ができる。
花は2~3月と9~10月に咲き、果実は8~9月と翌年の2~3月に実を付ける。
年に2回収穫する地域もある。
実は完熟する前に収穫し、日光で乾燥させる。

*気になったら  クリック

料理

アブサン

加熱料理に向いているが、非加熱料理ではなま物
漬け物に適合。

中華料理の豚肉料理鴨肉料理に特に合う。

肉類の臭みをとる効果はないが、
ロースト臭をとるのに効果があるので
ローストチキンには良く合う。

ソースカレーパウダーのほかに
ウーシャンフェン(五香粉)のブレンドスパイス
として使用。

アブサン(写真)の香り付け材料。

フェンネルアニスの代替え品として
洋風料理(炒めた魚、ホタテ貝、コンソメスープ、
長ねぎ、かぼちゃ)やスイーツフルーツシロップジャムにも使えるが、
この場合はパウダーの使用量を1/3以下にする。

また種子を挽いてコーヒーやお茶の風味付けに使う。

薬理

「本草網目」(中国、明朝時代1590年、李時珍)では
芳香性健胃薬、鎮痛剤、駆風剤、腹部膨張、嘔吐などに
効果があるとされた。

漢方では思仙散に配合。

現在は健胃かぜ薬にまた浴用剤として需要がある。

利尿作用ヒステリーの沈静剤として利用。

インドではおなかの張り気管支炎の薬にも処方。

育毛を促す整髪料
スターアニス整髪料の作り方はここをクリック

エピソード

しきみの花

宗教的に香料として線香や抹香として使用。
戦国時代の武士は兜にこの香をたきこめたと
いわれている。

スターアニスと同族で果実のいろや形がよく
似たものにしきみ(樒)がある。
しきみの花(写真)は黄色で種子の外観も
スターアニスによく似ており八角の偽物として
使われたが、有毒物質シキニンを含み中毒を起こす場合があるので注意が必要。

しきみはよく墓地に植えられているが、その毒性によって
野獣の新入を防ぐためと言われている。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional