スパイスを使ったオリジナルスパイス、オーダーメイドスパイス、スパイスクッキングの専門店です。

ガーデンクレス

BONGAマスターのスパイスうんちく

更新日:2013.3.6a:2490 t:2 y:1

ガーデンクレス

【英名】Garden grass、Pepper cress
【和名】こしょうそう
【学名】Lepidium sativum L.
【別名】ペッパーグラス(ペパーグラス)、ペッパーウォート(ペパーウォート)、フレンチクレス

知識

画像の説明

アブラナ科の1年生草本で原産地はイラン。
おもな産地はフランス、イタリア、イギリス、ドイツ、スペインのほかアメリカなどで栽培されています。

クレソンとは同種で、香味の特徴が似ていますが、ガーデンクレスのほうが辛味が強いでしょう。

葉にはビタミンCが多く含まれ、辛味が強い。

良く育った葉には苦みがあるので、若い茎や葉を食すると良いでしょう。

種子はマスタードと同じように使用されるがマスタードに比べ辛味が弱い。

料理

生の若葉や茎をサラダに使います。
ステーキやハンバーグなどの肉料理の付け合わせや、スープ、ラーメン、味噌汁などにも良く合います。また裏ごししてソースに加ええると味にコクが出ます。

種子はマスタードと同様な使い方をします。

薬理

βカロチン、ビタミンC,E、鉄分が多く含まれたおり、スプラウトとして栽培されています。
アンチエイジング(老化防止)、美肌効果があります。

栽培

気候、土壌への順応性が優れており、栽培は簡単にできます。

春から秋にかけて種子を蒔けば2~3週間で発芽し葉が3㎝ほどになったら収穫ができます。
初夏に白色の花が咲き、その後赤褐色の種子を収穫できます。

スプラウトの育て方

画像の説明

浅めの容器にペーパータオルを敷き、水で湿らせておき、種子を重ならないように均一に蒔きます。
直射日光を避け、乾燥しないように1日に数回霧吹きで湿らせます。
寒い時期には2週間ほど、温かい時期では1週間ほどで若葉が収穫できます。
肥料は必要ありません。

種子の育て方
春から秋にかけヒートモスを入れた鉢に種子を蒔き、薄く覆土します。
鉢底から水を吸わせるようにすると1週間ほどで発芽します。
火の当たる場所に移し、4~5㎝になったら、大きめの鉢に移植します。
白い花のあと赤褐色の種子をつけたら収穫します。

すぱいすマーケット

ガーデンクレスの種子はホームセンターやネット販売で小袋200円~で入手できます。

*気になったら  クリック

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional